木の美しさ
ホーム > KD天然木化粧合板 > 天然木化粧合板について
天然銘木を塗装することは専門的な学問です。木の美しさと天然特性を十分に発揮するためには、それぞれの木の種類や特徴に応じて、最も適切な塗装方法で処理するべきです。ところが、現在熟練された技を持つペンキ屋さんが少なくなり、塗装品質が安定しない以上、大きな争議や面倒を引き起こします。また、木皮の薄すぎによる木皮と挟み板の貼り合わせ問題も修補できません。そして、木皮板に欠陥があっても、上塗り前にはわかりません。以上の問題から、銘木の選びと塗装の技術は塗装板の品質のキーポイントとなります。
 
弊社はドイツ機械製造会社と協力して、数年研究の結果に最も精密な塗装設備を開発しました。天然木の種類や特徴に応じて、最先端技術でより良い塗装方法で銘木塗装板を製造し、木の素朴さと暖かさを保ちながら、軽快さと質感を十分に発揮します。