製品分析表
ホーム > KDハンドスクラップウッドフローリング > アートフロアについて

 

フローリングは欠かせない建築材料の一つとして、選びになった際には、木目の美しさ以外にも、銘木の原産地や加工方法も重要なポイントとなります。科定企業のフローリングは、お客様に商品を理解し、使用者がもっと安心して商品を使えるように木材に関してのインフォメーションを提供いたします

検査報告

検査名称 認証 合格標準値

KD
フローリング

他社のフローリング
防炎性 CNS 7614
炭化程度5cm以下,表面は1分内に燃焼状態が止め、燃え残りが無い。
 
1級 炭化程度5cmを超え、燃焼が続く。
接着性 CNS 10757 10点満点。
(複合フローリングに分離状況が無い)
10点 フローリンクの分離状況がひどい。
耐アルカリ性 CNS 10757 表面に変化なし 変化なし 表面は褪色状態になり、漆がおちる。
耐酸性 CNS 10757 表面に変化なし 変化なし 表面は褪色状態になり、漆がおちる。
耐汚染性 CNS 10757
(95%アルコール72hr
、コーヒー72hr)
表面に変化なし 変化なし 落ちれない垢ができる。
タバコ試験 CNS 11367 焼き印、褪色、割れや泡の状況を復元できる。 変化なし 焼き印、褪色、割れや泡の状況が発生。
含水率 CNS11342 平均値14%以下 8.90% 5~25%
タン・グルーブ加工 CNS11342 間隙は1mm以下 1mm以下の間隙で使いやすい。 3~8mmの間隙で加工が粗末。
浸水試験 CNS11342 剥離の長さは1/3以下 剥離の状況がない。 剥離の長さは1/3以上。
接着処の高度差 CNS11342 0.3mm以下 0.2mm 0.3~1mm
摩耗試験 CNS11342 基材が見えず;
毎100回回転の摩耗量は0.15g以下
基材が見えず;.02g/100転。 基材が見える;0.15g以上/100転。
撓み性 CNS11342 撓み差は3.5mm以下 合格 (1.9mm) 5~15mm
膨潤性 CNS11342 膨潤率は20%以下 7.84% 20~40%
ホルムアルデヒド放散 CNS11342 1.5 mg/L以下 未検出 1.5~20 mg/L
グリーン建材の放射線試験 グリーン建材の試験方法 <0.2 μSv/h
合格(0.08~0.13 μSv/h)
 
可能含有放射性物質
重金属試験 グリーン建材の試験方法
抽出液中の銀<0.05mg/L
抽出液中のヒ素<0.05mg/L
抽出液中のカドミウム<0.05mg/L
抽出液中の六価クロム<0.05mg/L
抽出液中の銅<0.05mg/L
抽出液中の水銀<0.05mg/L
抽出液中の鉛<0.3mg/L
合格 含有銀、鉛、カドミウムなどの有害重金属がある。
ホルムアルデヒドとTVOC グリーン建材の試験方法 グリーン建材の標準に達し、ホルムアルデヒド放散量の表示に関する等級をE2となる
合格
TVOC0.053mg/ m2.hr
ホルムアルデヒド未検出。
TVOC  0.2~20 mg/ m2.hr
ホルムアルデヒド  0.1~10 mg/ m2.hr。
アスベスト試験 CNS 13970  アスベスト含有なし 未検出 アスベストがる。


生産過程
 

項目 KD美麗な人間・
アートフローリング
他社のフローリング
サイズ 最適な黄金比で製造しています。 サイズが小さい過ぎると、器を感じ取れず、逆に、サイズが大きすぎて、精緻さがない。
変形 プレコンプレッション方式を導入し、フローリングは変形しない。 特別な処理をせず、フローリングは変形しやすい。
つき板の処理 真空状態になっていた90℃~95℃のお湯で七日間漬けることにより、木目をより目立たせて、自然な質感を向上。 低等級なつき板なので、黒節があり、木目もはっきりしません。
表面の質感 木彫芸術家のデザインで、独特なハンドスクラップの質感がある。 単調な平面処理はプラスチック床と同じ。