ブランド名前の由来
ホーム > 会社案内 > 会社紹介
 
ブランド名前の由来
2002年に設立した科定企業Kedingは、同業より優れた塗装技術を持っていますので、英単語「Coating」より社名を考えました。いろいろ考えた上で、社長は発音に近い英単語「Keding」より採用しました。「Keding」を中国語に音訳すると、「科定」になります。

KEDINGはKnowledge(知識)、Enthusiasm(熱意)、Determination(決心)、Innovation(革新)、Nature(自然)とGrace(優美さ)の頭文字をそれぞれ取ったブランド名前になるという深い意味があります。その四つは科定企業の理念とも言えます。ノウハウを活用して、熱意と決心を持ちながら、自然の美しい木理や温もりのある銘木製品をお客様にご提供いたします。
 
ブランドロゴについて
太陽は万物を生み育みます。特に木は陽光に助けられて生長します。林間、光線が葉の隙間から流れて、その清らかな心地よさは、いつも山で遊んでいる人々の心を感動させています。弊社は上質な塗装技術を応用して、この感動を銘木製品により伝えます。
 
太陽は科定企業の精神の象徴です。弊社は太陽の色彩象徴をロゴデザインにして、黄色と赤色を採用しました。そして、簡潔なアルファベット「kd」は科学と理性を現れて、「kd」向けの三角形は、弊社が同業他社に先駆けてリーダーになる決意を示します。弊社は木目が陽光を浴びるような清らかな、立体的な演出をお客様の生活に入り込むことができるように銘木製品の製造をすすめてまいります。